伝説の行事合コンは実在した!?

本当にあるんだそんな行事...

Meeting

職場に女性がいないから無理。友達から紹介なんて友達がいないから無理。いざ恋を始めたいと思っても異性と出会うことがそもそも難しいという方も少なくはないはずです。ではひとりぼっちで恋愛という名の戦場に乗り込んでいくためにはどのようにしたらいいのでしょうか。異性との出会い方として、今回は合コンで使える方法について紹介していきます。

合コンってなに?

噂に聞く幻の行事それが合コンです。ここの読者の方はもしかしたら参加することはないかもしれません。合コンを主催できる人と仲良くなれるかについては正直運の要素も多いと思います。例えばイケイケの広告代理店にいても合コンできない人たちも多いかもしれないし、逆にアニメ系のオタクっぽい人が主催していることもありますから。ただ一度その幹事さんや主力メンバーと仲良くなると次も誘ってもらえる確立が高くなる無限ループに入ります。だからと言って男性とばかり話せというわけではありません。小学生の頃の友達100人できるかなではないけど、男女関係なくみんなと話して仲良くなれるようになることができるのが合コン初心者にとって目指すべきゴールと言えるでしょう。

勝負は一対一になってから

多分時間がたつと一対一で話す場面も出てくると思います。そこからが女性と距離を詰めるチャンスです。ここで注意点なのは、自分の話をベラベラと話しすぎないことです。時間は有限です。その人もいろんな人と話してみたいかもしれないし、他の方もその人と話してみたいかもしれない。逆に自分と話したくて割り込んでくる方もいるかもしれない。自分の話ばかりしていては結局相手の情報が何一つわからずその人と二人きりで話すチャンスは終了してしまいます。自分の経験や趣味は初めてだからこそ自己紹介も兼ねて必要ですが、それは短い時間でできるだけ相手の趣味嗜好を引き出すためのフックとして活用するのが吉でしょう。例えば映画の話が出たら、それを一緒に見にいくという誘いもできるし、食事でもこういうの好きだから一緒に行くという誘い方もできる。相手が嫌いなジャンルの誘いでなければないほど、誘いを断られる確立は下がっていくことでしょう。またできることならそのタイミングで連絡先を聞くことも効果的です。効率重視なら、結局最後に幹事さんがライングループとか作ってくれそうだけどそれは他の人と同じって感じがする。一方個別で事前に聞かれたら『特別感』を感じる方も少なくはないそうです。

その場を楽しむことが大切!

合コンとしても気負わず前提としてみんなで楽しむを意識してみてはいかがでしょうか?中にはヤレるかどうかだけ大事にしている男性もいらっしゃるかもしれませんがその中でもスマートに振る舞うことができればいい風に目立つかもしれません。機会があればぜひ楽しいで来てください!